一番美味しいポテチを真剣に考えてみる。歴代ポテチランキング

ポテトチップスがたまらなく好きだ。
こんなにもオレを虜にするポテチについて真剣に考えてみた。

なぜポテチはこんなにも美味しいのか。
そしていったい一番美味しいポテチはどれなのか。

ちなみに2013年度に調査されたランキングでは、以下のようになっている。

photo credit: Marisa | Food in Jars via photopin cc

スポンサーリンク

2013年度ポテトチップスランキング

1位:カルビー コンソメパンチ(8.8%)

2位:カルビー 堅あげポテト(2.8%)

3位:湖池屋 カラムーチョ・すっぱムーチョ(1.7%)

P1040738
81321

意外だ。
世の中に出回ってる量でいけば圧倒的に「カルビーうすしお味」なはずだが、1.7%以下ということになる。

そもそも1位が8.8%ということが、ポテチが大戦争時代にきているということではないか!!
それだけポテチのことを知っていて、ポテチにこだわりがあるからこそ意見が分かれているのだろう。

AKBの選挙もいいが、ポテチの総選挙をすれば本当に意見がわかれて、相当面白くなるかと思う。
前置きが長くなってしまったが、独断と偏見だらけのオレ的ポテチランキングを発表します!!

独断と偏見だらけ!オレ的ポテチランキング

第1位 カルビー ピザポテト


これが人気ランキングに入ってなかったのが残念でならないが、激戦を勝ち抜いての第1位です。

発売は1992年9月。チーズがトッピングされている厚切りのVカットポテトチップス。
この厚切りの食感とチーズとピザソースのまとわりつくような濃い味がたまらない。

たまにチーズが固まっている箇所があるが、俺にとってはアタリである。
値段は少し高めだが、その価値はあるだろう。

食べたあとに口に残るポテチ臭はカラムーチョ並みに強烈だが、美味しさに免じて許してあげよう。
人生最後のポテチを食べるなら、このピザポテトが最後の晩餐になるだろう。

第2位 堅あげポテト うすしお味

yoshiya_6-94
ポテトチップスという形の原型を覆した革命児である。

ポテチといえば円形かスティックという常識だったが、
二つ折りで堅い食感を求めたこの商品はポテチ界にあぐらをかいていてはダメだと一石を投じてくれたといっても過言ではない。

この独特な食感がお酒に合うと評判になり、ポテチが正式にお菓子からおつまみにもエントリーされた歴史的な1ページを作ったのだ。

たしかに飽きないし、他のうすしおとは違う、味と食感のダブルの美味しさが虜になってしまう。

第3位 ロイズ ポテトチップス チョコレート味

royce035-pack
ポテトは塩辛いものという常識をやぶり、さらに庶民の味、安いお菓子という常識までもやぶり、甘い高級ポテトチップスとしてデビューし、瞬く間に大ブレイク。
百貨店などの北海道展では即日完売の人気商品となった。

最初甘くて、その後少しのしょっぱさがある。
そしてなんといっても食感がいい。

厚切りポテトが出た時もその食感が話題になったが、そこにチョコレートという厚みがプラスされることで、口に入れた時のさらなる幸福感を生み出している。

贅沢な自分へのご褒美という日に、ロイズのチョコレートチップスは最高のパフォーマンスを発揮する。
今、流行っているポッキーやハッピーターンの高級バージョンもこれがきっかけだったのではないだろうか。

第4位 カラムーチョ スティックタイプ

P1040738
小学生の頃、一心不乱にこのカラムーチョを食べたことを覚えている。
ポテチは体に悪いと母親に制限されていたが、たまに解放された時にはこのスティックを口いっぱいにほうばり、唇を真っ赤にしていた日々が懐かしい。

「ポテトが辛くてなぜおいしい!」というキャッチコピーと共にスティックタイプを世に広げた先駆者であっただろう。

いかにも体に悪そうだ?そんなことはどうでもいい。
無心にスナック菓子を食べたい時、それがこのカラムーチョだ。

第5位 プリングルス サワークリームオニオン

feaa42cc9126c75473d2ed08ca3195acf981dd99_l
1968年にアメリカで発売されていまや世界中で人気の商品となっている。
実は最初に発売したのは、あのP&Gだというから意外である。

サワークリーム味が単純に美味しいのはもちろんのこと、このプリングルスシリーズはポテチを複数枚で食べるという新しい食べ方を世の中に提案したのである。

ポテチを一枚ずつ食べるのが基本だった時にはなかった新たな食感と、複数枚を一気に食べるという贅沢感がたまらない。

それを推奨するかのような筒型のパッケージ。のちのチップスターはそれを真似たのではないかと思ってしまう。
以上、オレ的ベスト5を並べてみたが、ランキング外でも名作は山ほどあるので、選考には本当に悩んだ。

惜しくもランク外!ポテチ界の贅沢すぎる控えメンバー

カルビー ポテトチップス「しょうゆマヨ」

カルビー ポテトチップス「関西だししょうゆ」

ナビスコ チップスター「うすしお」

439592_listImage

やまよし ワサビーフ

81CEYh+XD+L._AA1500_

カルビー アラポテト「うすしお」

173085

この辺りが僅差である。
おそらく皆さんの中にもお気に入りのポテチがあると思います。

NO POTECHI NO LIFE

いつかポテチNo.1を決める総選挙を本気でやってみたいものだ。
きっとポテチにまつわるみんなのこだわり、思い出エピソードが山ほど出てきそう。

そして、それがポテチ業界全体の盛り上がりに貢献するのではないでしょうか!どうなのよ!そこんとこカルビーさん!
あー熱くなり過ぎてしまった。
ポテチはただのお菓子の枠を超えて人生のパートナーになっているのかもしれない。

アイ♥︎ポテチ
NO POTECHI NO LIFE

なのである。

スポンサーリンク

気になったらシェアお願いします♪

良ければフォローお願いします♪

コメント

  1. あなたのブログのように、今までありがとうございました。本当に多くを読むのを楽しみにして。すごくかっこいい。